埼玉県蓮田市の内村歯科医院 咬合育成、ホワイトニング、予防歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病などに対応

治療方法

treatment

FAPホワイトニング

FAPホワイトニング
漂白だけでなく歯を強く健康にする新しい技術です

FAPホワイトニングは現在、広く行われている「バイタルブリーチ法」と違うメカニズムで開発したオリジナルのホワイトニング法で、より歯を白く、さらに歯を強くするための効果が加えられた、最も日本人に合った漂白法です。

ホワイトニング

s_title

 

FAPホワイトニングとは?

FAPホワイトニングは現在、広く行われている「バイタルブリーチ法」と違うメカニズムで開発したオリジナルのホワイトニング法で、より歯を白く、さらに歯を強くするための効果が加えられた、最も日本人に合った漂白法です。FAPホワイトニングの効果の高さは、日本だけでなく海外でも広く注目され始めており、これまでは、海外の技術の導入であった審美歯科漂白で、初めて世界に発信できる日本オリジナルの技術です。

FAPホワイトニング法では、フッ化アパタイトをエナメル質表面に塗布すると、表面にアパタイトが結晶化し、歯を白く美しく見せます。また、他の「バイタルブリーチ法」より表面がなめらかに仕上がるので再着色しにくく、効果が持続します。さらにアパタイトで、エナメル質表面がコーティングされているため、歯が補強され、また日本人特有の歯の黄ばみを覆い隠します。それがFAPホワイトニングの大きな特徴となっています。個人差はありますが、通常4~5回の治療が必要で、繰り返し治療を受けることで、確実に効果をあげることができます。

下の2枚の写真は、ホワイトニングを行った後の歯の表面の電子顕微鏡写真です。(2,000倍)左は通常の漂白薬、右はFAPホワイトニングで、一般の漂白薬では、表面がでこぼこになっているのに対し、 FAPホワイトニングでは、なめらかにアパタイトが沈着していることがわかります。

white_img01

通常の漂白を行った電子顕微鏡写真

white_img02

FAPホワイトニング後の電子顕微鏡写真

 

FAPホワイトニングについてbanner
もっと詳しくお知りになりたい方はコチラ

 

FAPホワイトニング BEFORE&AFTER

「バイタルブリーチ法」は、歯を削って表層にラミネートを張り付けたり義歯をつけたりする方法に比べれば、確かに「白さ」という点ではもの足りないと感じられるかもしれません。
自然の歯を生かす方法なればこそですが、私たち日本人の肌の色とのバランスを考えると、作り物のような「白さ」は、必ずしも似合うとは言えません。 また、FAPホワイトニングは、繰り返し治療を受けることで歯は確実に白くなり、充分に患者様の満足を得られる結果も出ています。そんな、FAPホワイトニングのBEFORE&AFTERの一部をご紹介しましょう。

BEFORE&AFTER<1>
white_img03 arrow white_img04
BEFORE&AFTER<2>
white_img05 arrow white_img06
BEFORE&AFTER<3>
white_img07 arrow white_img08
BEFORE&AFTER<4>
white_img09 arrow white_img10
BEFORE&AFTER<5>
white_img11 arrow white_img12

FAPホワイトニング Q&A

時間や期間はどれくらいかかりますか?

薬を塗るのは15分間を2回です。1週間に1回のペースで来院していただいて、これを5~10回行います。

歯に悪くないですか?

一般の漂白薬は、歯の表面を溶かしてスリガラス状にして白く見えます。つまり歯質には悪いです。FAP法は、むし歯予防効果のあるフッ化アパタイトを歯の表面に沈着させるため歯に良いです。

からだに悪影響はありますか?

漂白後は、歯の上にのせてある薬をふきとるので、体内に流れる心配はありません。万が一体内に入っても、基本的にカルシウムですので自然に体外に排出されますので心配はいりません。

色の後戻りはありますか?

漂白効果がなくなり、もとの色に戻ることはありません。しかし茶渋などで汚れて色が悪くなることはあります。

メインテナンスはどうすればいいですか?

歯が汚れてくるのでクリーニングやホワイトニングで汚れを落とす必要があります。歯は皮膚と同じで年とともにツヤも減りくすんできます。ですから、今、白くても安心せずに定期的なお手入れをしてください。

痛みはありませんか?

(1)むし歯になっている場所はしみることもあります。
(2)歯の先が磨り減っている場合は、ズキズキすることがあります。
(3)下の前歯はエナメル質が薄いため鈍痛が発生することがあります。